2007年12月31日

DANCEHALL QUEEN JAPAN2007 結果発表 !!

IMG_1931.jpg2007.12.29(SAT)@渋谷O-EAST

遂にDANCEHALL QUEEN2007決勝大会が開催されました!

●ENTRY DANCER(18名)
NO.1 CHIE(HOTTIE CAT)
NO.2 LADY-K
NO.3 KUMIKO a.k.a くんくん
NO.4 MIHO(GEMINI)
NO.5 CHAMMY
NO.6 MIHO(BOMB SHELL)
NO.7 ERICA
NO.8 MEGU(HOTTIE CAT)
NO.9 Q(buttya-ZEE)
NO.10 ベイベエ
NO.11 ASAMI(FOXY BULLMAN)
NO.12 NOZOMI(CRAZY ZONE)
NO.13 RANDY MINK
NO.14 HITOMI a.k.a Pちゃん
NO.15 Phatty Maria
NO.16 30 MOCCO
NO.17 top-a-top
NO.18 RISAE(JYONA)

東京・名古屋・大阪・熊本と全国4都市で開催された予選を通過した、
各AREAの代表18名の中から本年度のクイーンが決定!!

↓ハイレベルな争いとなりましたが結果は下記の通りとなりました。↓

●ROUND2進出【18名→12名】
NO.1 CHIE(HOTTIE CAT)
NO.3 KUMIKO a.k.a くんくん
NO.4 MIHO(GEMINI)
NO.5 CHAMMY
NO.7 ERICA
NO.8 MEGU(HOTTIE CAT)
NO.11 ASAMI(FOXY BULLMAN)
NO.12 NOZOMI(CRAZY ZONE)
NO.13 RANDY MINK
NO.14 HITOMI a.k.a Pちゃん
NO.15 Phatty Maria
NO.16 30 MOCCO

●ROUND3進出【12名→6名】
NO.1 CHIE(HOTTIE CAT)
NO.4 MIHO(GEMINI)
NO.11 ASAMI(FOXY BULLMAN)
NO.12 NOZOMI(CRAZY ZONE)
NO.14 HITOMI a.k.a Pちゃん
NO.15 Phatty Maria

●結果

・DANCEHALL QUEEN JAPAN2007
Phatty Maria from CENTRAL AREA

・2nd Place
NOZOMI(CRAZY ZONE)from EAST AREA

・3rd Place
ASAMI(FOXY BULLMAN)from EAST AREA

・ベストドレッサー
CHIE(HOTTIE CAT)from EAST AREA

優勝者のPhatty Mariaさんには来年のINTERNATIONAL DANCRHALL QUEENの出場権とJAMAICA行きの往復航空券が送られました!!
来年の夏が非常に楽しみです♪
皆様も応援のほど、よろしくお願い致します!!

決勝大会の写真付きレポートは後日UPしますので、
詳細はそちらをチェックしてください!!

本年も残す所あとわずか・・・
皆様、来年もDANCEHALL QUEEN JAPANをよろしくお願い致します。

それでは良いお年を〜♪

《DANCEHALL QUEEN実行委員会》text:N

★写真★
左から
【2nd Place】NOZOMI(CRAZY ZONE)、
【QUEEN2007】Phatty Maria
【3rd Place】ASAMI(FOXY BULLMAN)


---------------------------------
Easy + Joy + Powerful = Yahoo! Bookmarks x Toolbar
posted by   at 12:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | 速報

2007年12月17日

11月16日(金)WEST AREA予選大会@大阪joule

photo:Akira Kurihara text:Kazuyoshi Nomoto
※写真をクリックすると拡大されます。
※表記は原則的にエントリーナンバー順になっています。

《エントリーナンバー》
NO.1 KAYO(BOOTY)
NO.2 SAHO(TEGEREG)
NO.3 CHRIMAO
NO.4 CHIAKI(RACK STONE)
NO.5 AYA(Jenny Pink)
NO.6 MIHO(GEMINI)
NO.7 RISAE(JYONA)
NO.8 TSUNAKI(THE★踊り狂うCREW)
NO.9 Kaana
NO.10 top-a-top
NO.11 Co-ya
NO.12 YOHHI(RACK STONE)
NO.13 RIPPE(ENERGETIC)
NO.14 LADY-K
NO.15 Sweet bunny

観客のノリも抜群だった大阪joule


WEST AREA予選開会式

抜群のヴァイブスと見せ方で大盛り上がりのWEST AREA予選
 昨年に引き続き2回目の開催となったWEST AREA予選。今年は2006年の決勝大会でFINAL ROUNDまで進出したHARD CORE Jが不参加。セミファイナル進出のMEGU(HOTTIE CAT)がEAST AREAからの出場と一時は層の薄さが心配されたこのAREAだったが、さすがは“レゲエが熱い”関西! 昨年のファイナリストであるLADY-Kを筆頭に、PASSA PASSAツアーで活躍したRISAE(JYONA)やキャリア豊富なMIHO(JEMINI)などの有力ダンサーの出場が決定し、見応えたっぷりのメンバーが揃った。
 当日の司会を務めたのは、吉本興業所属の異色サウンドsnobの2人でお笑い満載のトークで会場のテンションをヒートアップさせる。ダンサーもsnobのノリに応えるかのようにヴァイブス全開のダンスが序盤から続出!! 目の離せない接戦が繰り広げられた。
 WEST AREAは他の予選と比べると個性的でエンターテインメント性の豊かなダンサーが数多く見られた印象。衣装の奇抜さは勿論のこと、何より踊っている時の表情までもがダンスになっている点に感心させられた。“見せ方”という観点では全国でトップレベルと言っても過言ではないだろう。各自が必死で自身の持ち味を絞り出しつつも、人を楽しませる事を忘れない姿勢からは関西ならではの“芸人魂”を感じさせられた。
 決勝大会に駒を進めたのは4名。2006年決勝大会のセミファイナルまで進出した実力者・LADY-Kが抜群のスタイルを生かしたセクシーなダンスを披露し本年度も決勝進出を決める。初出場の顔ぶれからは前評判の高かったMIHO(JEMINI)が独特の雰囲気で立ち技からフロア技までを踊りきり予選通過。同じく、RISAE(JYONA)は衣装と踊りを見事に融合させたヴァイブス&スキル溢れるパフォーマンスで会場をBOSSし予選通過を果たした。最後の1席にはROUND1はカリブの海賊、ROUND3は芸者とラウンドごとにテーマのあド派手な衣装でコミカルな踊りを披露し会場を盛り上げたtop-a-topが昨年予選落ちの雪辱を果たした。
 とりわけ個性的なで面白いダンサーが多かったWEST AREA予選。決勝大会でもWEST AREA代表らしいヴァイブスと個性で会場を盛り上げてくれるだろう。
ROUND2進出【15名→12名】
NO.1 KAYO(BOOTY)
NO.2 SAHO(TEGEREG)
NO.4 CHIAKI(RACK STONE)
NO.5 AYA(Jenny Pink)
NO.6 MIHO(GEMINI)
NO.7 RISAE(JYONA)
NO.8 TSUNAKI(THE★踊り狂うCREW)
NO.10 top-a-top
NO.12 YOHHI(RACK STONE)
NO.13 RIPPE(ENERGETIC)
NO.14 LADY-K
NO.15 Sweet bunny

ROUND2進出者発表
ROUND3進出【12名→9名】
NO.1 KAYO(BOOTY)
NO.4 CHIAKI(RACK STONE)
NO.6 MIHO(GEMINI)
NO.7 RISAE(JYONA)
NO.10 top-a-top
NO.12 YOHHI(RACK STONE)
NO.13 RIPPE(ENERGETIC)
NO.14 LADY-K
NO.15 Sweet bunny

ROUND3進出者発表
WEST AREA代表・決勝大会進出者
【9名→4名】

NO.6 MIHO(GEMINI)
NO.7 RISAE(JYONA)
NO.10 top-a-top
NO.14 LADY-K

WEST AREA代表4名
【L→R】MIHO(JEMINI)、RISAE(JYONA)、LADY-K、top-a-top

WEST AREA代表者ハイライト!!
MIHO(GEMINI)
w6.JPG
独特の雰囲気でスキル溢れる踊りを見せたMIHO(JEMINI)

RISAE(JYONA)

風呂上がりの衣装に化粧をしているような動きをはめたRISAE(JYONA)

top-a-top

芸者風の衣装で傘を使ったコミカルなダンスを見せたtop-a-top

LADY-K

抜群のスタイルを生かした踊りで会場を魅了したLADY-K

posted by   at 22:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大会レポート

11月10日(土)SOUTH AREA予選@熊本Django

photo:Akira Kurihara text:Kazuyoshi Nomoto
※写真をクリックすると拡大されます。
※表記は原則的にエントリーナンバー順になっています。

《エントリーナンバー》
NO.1 30MOCCO
NO.2 QP
NO.3 PAPAYA BEACHI
NO.4 Lady-R
NO.5 Q(Buttyq-zee)
NO.6 COCO
NO.7 MIHO(BOMB SHELL)
NO.8 HARU音(FANNY SKANK)
NO.9 KANA(てげれぐCREW)
NO.10 LOVE ma-KING(MADDY PUMPUM)
NO.11 SAKI
NO.12 御幸
NO.13 ベイベエ
NO.14 のりこ(てげれぐCREW)
NO.15 ユウサク
NO.16 DONNA CHARM

初開催にも関わらず超満員となった熊本Django


SOUTH AREA予選開会式

未知の可能性を感じたSOUTH AREA予選
 今年が初めての開催となったSOUTH AREA予選@熊本。九州のレゲエダンサーの第一人者である酋長が主催を務めた事もあり、16名ものダンサーが出場し決勝大会への切符を争う事となった。DHQJへ過去に出場経験があるのは、広島から参加のMIHO(BOMB SHELL)のみで、福岡・佐賀・大分・熊本・宮崎・鹿児島と九州各地を代表するレゲエダンサーが初出場した。
 DHQJを一目見ようと、九州全土から会場にはたくさんの観客が押し寄せた中、コンテストがスタート!! 初開催ということもあり、ルールやコンテストの雰囲気に馴染めないダンサーが多く見られた印象を受けた。全体的にスキルやヴァイブス、衣装などあらゆる点でまだまだ他のAREAと比べると物足りなさを感じてしまう。集まった観衆も“声を出して盛り上がる”という楽しみ方を知らなかったようで、オーディエンスが盛り上がるまでに少し時間がかかりすぎてしまった一面もあり審査は困窮した様子。司会を務めたマンチェスターの呼びかけもあったが、観衆からの声援が巻き起こったのはコンテストも中盤を過ぎた辺りからだった。
決勝へと駒を進めた4名は…。昨年、大阪予選からファイナルに進出したMIHO(BOMB SHELL)が経験を生かし自身の持ち味を出しきって決勝進出を決めた。初出場の九州勢からは、立ち技からフロア技までバランス良く見せた福岡から参加の30MOCCO。安定した倒立技を中心に踊りきった佐賀から参加のQ(Buttyq-zee)。カラフルな衣装と柔軟性のある踊りが印象的だった鹿児島から参加のベイベエの3名が予選通過を果たした。
 初の九州AREAからの決勝大会参戦という事もあり、本戦での彼女たちのさらなる活躍に期待したい。DHQJが初めて開催された時に昨年の覇者であるMAI(努)や多くの有力出場ダンサーが先頭で見ていたように、今大会を見に来ていたこれからのダンサーにも刺激になってくれただろう。今後の可能性を感じさせるに十分な初九州大会であった
ROUND2進出【16名→12名】
NO.1 30MOCCO
NO.2 QP
NO.3 PAPAYA BEACHI
NO.4 Lady-R
NO.5 Q(Buttyq-zee)
NO.6 COCO
NO.7 MIHO(BOMB SHELL)
NO.8 HARU音(FANNY SKANK)
NO.13 ベイベエ
NO.14 のりこ(てげれぐCREW)
NO.15 ユウサク
NO.16 DONNA CHARM

ROUND2進出者発表
ROUND3進出【12名→9名】
NO.1 30MOCCO
NO.2 QP
NO.5 Q(Buttyq-zee)
NO.7 MIHO(BOMB SHELL)
NO.8 HARU音(FANNY SKANK)
NO.13 ベイベエ
NO.15 ユウサク
NO.16 DONNA CHARM

ROUND3進出者発表
SOUTH AREA代表・決勝大会進出者
【9名→4名】

NO.1 30MOCCO
NO.5 Q(Buttyq-zee)
NO.7 MIHO(BOMB SHELL)
NO.13 ベイベエ

SOUTH AREA代表4名
【L→R】MIHO(BOMB SHELL)、ベイベエ、Q(Buttyq-zee)、30MOCCO

SOUTH AREA代表者ハイライト!!
30MOCCO

ヴァイブス全開の立ち踊りを見せる30MOCCO

Q(Buttyq-zee)

安定感のある三点倒立で会場を盛り上げたQ(Buttyq-zee)

MIHO(BOMB SHELL)

華やかな衣装でスキル豊かな踊りを見せたMIHO(BOMB SHELL)

ベイベエ

カラフルな衣装とヘアースタイルが一際目立っていたベイベエ

posted by   at 22:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | 大会レポート

11月4日(日)CENTRAL AREA予選@名古屋OZON

photo:Akira Kurihara text:Kazuyoshi Nomoto
※写真をクリックすると拡大されます。
※表記は原則的にエントリーナンバー順になっています。

《エントリーナンバー》
NO.1 MIO
NO.2 華衣(踊り子)
NO.3 RIVER
NO.4 NAO
NO.5 DOGGY STYLE
NO.6 AYA(HONEY WAXX)
NO.7 CHAMMY
NO.8 TOMO(CRAMBERRy)
NO.9 sayaka(WET it’s!)
NO.10 SHIZUKA(WET it’s!)
NO.11 Maho(Just Under)
NO.12 Phatty Maria
NO.13 RANDY-MINK
NO.14 AINA
NO.15 ERIKA
NO.16 HWAM
NO.17 KUTTY(踊り子)

女性の観客が多かった名古屋OZON


CENTRAL AREA開会式

衣装センスとスキルの高いダンサーが目立ったCENTRAL AREA
 2006年大会に続き、2回目となるCENTRAL AREA予選@名古屋。今年の出場者の顔ぶれは、昨年から連続出場となるダンサーが17名中9名(MIO、RIVER、DOGGY STYLE、CHAMMY、Phatty Maria、RANDY-MINK、AINA、ERIKA、HWAM)と過半数を占めているのが特徴的。勿論、昨年準優勝のPhatty Mariaや昨年のファイナリストCHAMMY、MIOなど有力ダンサーも揃って出場。初出場の顔ぶれにもAYA(HONEY WAXX)など地元の有名ダンサーが出場し混戦が予想された。ダンス番組『スーパーチャンプル』の収録地としても知られる名古屋だけあって、この日の会場となったOZONは超満員の大盛況。いよいよ予選が始まると会場からは大きな歓声が上がる。ストリートダンスへの関心が非常に高い東海地区でのレゲエダンスへの注目度の高まりを感じる瞬間だった。
 コンテストはROUND1から混戦模様示す。CENTRAL AREAはスキルの豊かなダンサーが多く、純粋に“ダンス”という観点ではハイレベルな争いが続いた。また、衣装にも華やかな手作りの物が多く見られるなど、各ダンサーの努力とこだわりが至る所から感じられた。
 スキルが均衡する中、明暗を分けたのは“レゲエらしさ”、そして“オリジナリティ“の2点だろう。ダンスのスキルにプラスして、“レゲエらしさ”という判断になるとリリックの意味を良く理解しているかどうかが判断される。たくさんの楽曲を聴き、普段からレゲエのダンスで遊んでいないと身につける事の出来ないスキル。レゲエダンスの原点にして最大の醍醐味であると言えるだろう。
 そんな中、接戦を制して決勝戦へと駒を進めたのは4名。まずは、スキルに裏打ちされたオリジナリティ溢れる世界感を見せたPhatty Mariaは貫禄の決勝進出決定! 昨年のファイナリストではCHAMMYがヴァイブス満点の迫力パフォーマンスで2年連続のファイナル進出を勝ち取った。また、昨年は予選落ちと苦渋を舐めたRANDY-MINKは華やかな衣装と安定したスキルでを見せ見事、予選通過。同じく、ERIKAも柔軟性を生かしたアクロバティックな大技で観衆をBOSSし本戦への初出場を決め、昨年のリベンジを果たした。
 昨年の決勝大会で東京のオーディエンスを大いに驚かせたCENTRAL AREA勢が今年も何か起こしてくれそうな期待の持てるハイレベルな大会だった。
ROUND2進出【17名→13名】
NO.1 MIO
NO.3 RIVER
NO.5 DOGGY STYLE
NO.6 AYA(HONEY WAXX)
NO.7 CHAMMY
NO.10 SHIZUKA(WET it’s!)
NO.11 Maho(Just Under)
NO.12 Phatty Maria
NO.13 RANDY-MINK
NO.14 AINA
NO.15 ERIKA
NO.16 HWAM
NO.17 KUTTY(踊り子)

ROUND2進出者発表
ROUND3進出【13名→9名】
NO.5 DOGGY STYLE
NO.6 AYA(HONEY WAXX)
NO.7 CHAMMY
NO.12 Phatty Maria
NO.13 RANDY-MINK
NO.14 AINA
NO.15 ERIKA
NO.16 HWAM
NO.17 KUTTY(踊り子)
c4.JPG
ROUND3進出者発表
CENTRAL AREA代表・決勝大会進出者
【9→4名】

NO.7 CHAMMY
NO.12 Phatty Maria
NO.13 RANDY-MINK
NO.15 ERIKA

CENTRAL AREA代表4名
【L→R】ERIKA、RANDY-MINK、CHAMMY、Phatty Maria

CENTRAL AREA代表者ハイライト!!
CHAMMY

スキル&ヴァイブス共にパワーアップしていたCHAMMY

Phatty Maria
c7.JPG
インパクト大の衣装で多彩な立ち踊りを見せたPhatty Maria

RANDY-MINK
c8.JPG
可愛らしい衣装でセクシーな踊りを見せたRANDY-MINK

ERIKA
c9.JPG
柔軟性を生かし、アクロバット技を見事に取り入れていたERIKA

posted by   at 21:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 大会レポート

11月2日(金)EAST AREA予選@渋谷asia

photo:Akira Kurihara text:Kazuyoshi Nomoto
※写真をクリックすると拡大されます。
※表記は原則的にエントリーナンバー順になっています。

《エントリーナンバー》
1. CHIE(ないと☆なーす)
2. TERU(ないと☆なーす)
3. HIRO(GRINE PIXY)
4. HITOMI a.k.a Pちゃん
5. ayako(クリスタル☆シャンテン)
6. CHIE(HOTTIE CAT)
7. KUMIKO a.k.a くんくん
8. もよ a.k.a 小番長
9. Miee
10.Nami(らばらばBOOM2)
11.YUKA(INITY風)
12.AYA(クリスタル☆シャンテン)
13.Sway
14.YOSHIMI(らばらばBOOM2)
15.まき(INITY風)
16.YOU-KO(HELTY BADDY)
17.wash belly
18.Hitomi(クリスタル☆シャンテン)
19.MIWO
20.ASAMI(FOXY BULLMAN)
21.NOZOMI(CRAZY ZONE)
22.BATTY BOM BOM
23.MARI(CHERRY☆BUMPER)
24.MEGU(HOTTIE CAT)
25.YUMICO(HELTY BADDY)

超満員の観客が集まった渋谷asia


EAST AREA予選開会式

最激戦地区・EAST AREA予選の代表6名が決定!!
 出場者数25名と全国最大規模で開催されたEAST AREA予選大会。昨年は優勝者のMAI(努)、3位入賞のSONO(FOXY BULLMAN)がこのAREAから出場しており、全国予選の中でも最激戦地区として知られている。
2007年の予選にも、昨年度のファイナリストであるASAMI(FOXY BULLMAN)・HIRO(GRINE PIXY)・MEGU(HOTTIE CAT)。さらには、CHIE(HOTTIE CAT)・CHIE & TERU(ないと☆なーす)・YOU-KO&YUMICO(HELTY BADDY)・AYA&ayako&Hitomi(クリスタル☆シャンテン)、NOZOMI(CRAZY ZONE)など関東を中心に名前の通った有力チーム所属のダンサーが揃って出場。昨年に勝るとも劣らない豪華な顔ぶれが勢揃いし、熱い戦いが繰り広げられた。
 昨年よりルール変更され、一人一人の踊る曲がシャッフルされていくDHQ JAPAN2007。会場への雰囲気、楽曲への対応をより早くする事も勝負の分かれ道となっている。昨年度からの連続参加となったダンサーや豊かなダンスキャリアを持つダンサーは“経験の差”を生かして、どんな曲にも落ち着いて対応し自分のスタイルを披露。若手や初参加のダンサーの中には即興での対応に戸惑い、自分の持ち味を出しきれないまま時間が終わってしまうケースも数多く見られた。
 最終ROUNDには経験・知名度共に申し分ない有力ダンサーが下馬評通りに駒を進め、さらにハイレベルな争いとなった。そんな中、僅差で決勝戦への切符を手にしたのは…。昨年度のファイナリストからは、圧倒的なまでのスキルと経験豊富な見せ方で“カッコイイ”レゲエダンスを披露したASAMI(FOXY BULLMAN)。オリジナリティ溢れるダンスと持ち前のヴァイブスで会場をBOSSしたMEGUの2名が経験へ進出。昨年はROUND3敗退と涙をのんだKUMIKO a.k.a くんくんは、衣装や見せ方に昨年以上のこだわりを見せ見事リベンジを果たした。今年初出場の顔ぶれの中では、確かなスキルと衣装のセンスで会場を魅了したCHIE(HOTTIE CAT)、倒立から前後へブリッジを連続するアクロバティックな大技を披露し会場をBOSSしたHITOMI a.k.a Pちゃん、コミカルな立ち踊りを見せ会場を大いに湧かせたNOZOMI(CRAZY ZONE)の3名が決勝へと駒を進めた。
 大激戦となったEAST AREAを通過したこの6名は決勝戦でも目が離せない存在になりそうだ。
ROUND 2進出【25名→18名】
1.CHIE(ないと☆なーす)
2.TERU(ないと☆なーす)
3.HIRO(GRINE PIXY)
4.HITOMI a.k.a Pちゃん
5.ayako(クリスタル☆シャンテン)
6.CHIE(HOTTIE CAT)
7.KUMIKO a.k.a くんくん
8.もよ a.k.a 小番長
15.まき(INITY風)
16.YOU-KO(HELTY BADDY)
18.Hitomi(クリスタル☆シャンテン)
19.MIWO
20.ASAMI(FOXY BULLMAN)
21.NOZOMI(CRAZY ZONE)
22.BATTY BOM BOM
23.MARI(CHERRY☆BUMPER)
24.MEGU(HOTTIE CAT)
25.YUMICO(HELTY BADDY)

ROUND2進出者発表
ROUND3進出【18名→13名】
※規定では12名ですが、最下位が同点の為、13名が進出。
1.CHIE(ないと☆なーす)
2.TERU(ないと☆なーす)
3.HIRO(GRINE PIXY)
4.HITOMI a.k.a Pちゃん
6.CHIE(HOTTIE CAT)
7.KUMIKO a.k.a くんくん
18.Hitomi(クリスタル☆シャンテン)
19.MIWO
20.ASAMI(FOXY BULLMAN)
21.NOZOMI(CRAZY ZONE)
22.BATTY BOM BOM
23.MARI(CHERRY☆BUMPER)
24.MEGU(HOTTIE CAT)

ROUND3進出者発表
EAST AREA代表・決勝大会進出者
【13名→6名】

4.HITOMI a.k.a Pちゃん
6.CHIE(HOTTIE CAT)
7.KUMIKO a.k.a くんくん
20.ASAMI(FOXY BULLMAN)
21.NOZOMI(CRAZY ZONE)
24.MEGU(HOTTIE CAT)

EAST AREA代表6名
【L→R】CHIE(HOTTIE CAT)、HITOMI a.k.a Pちゃん、KUMIKO a.k.a くんくん、ASAMI(FOXY BULLMAN)、NOZOMI(CRAZY ZONE)、MEGU(HOTTIE CAT)

EAST AREA代表者ハイライト!!
HITOMI a.k.a Pちゃん

抜群の柔軟性を生かしたブリッジを連続するHITOMI a.k.a Pちゃん

CHIE(HOTTIE CAT)

立ち技からフロア技まで完成度の高い踊りを見せたCHIE(HOTTIE CAT)

KUMIKO a.k.a くんくん

見事なボディバランスで倒立を決めるKUMIKO a.k.a くんくん

ASAMI(FOXY BULLMAN)

ラグジュアリーな着物姿で登場し会場を沸かせたASAMI(FOXY BULLMAN)

NOZOMI(CRAZY ZONE)

ド派手な衣装にコミカルな立ち踊りが目立っていたNOZOMI(CRAZY ZONE)

MEGU(HOTTIE CAT)

オリジナルダンス“ティモテ”を披露したMEGU(HOTTIE CAT)

posted by   at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大会レポート
spacer.gif